店内飲食の場合は税率が異なります、のポップ

10月から増税、軽減税率が始まります。

その際には、同じ商品でも、消費する場所によって税率が8%、10%と変わるのは周知の通り。

ということで、店内飲食の場合には税率が異なります、そのポップです。

ご自由にお使いください。

店内飲食の場合は税率が異なりますPOP

ラウンダーとしては、最低限、10月から始まる税率変更に関しては知っておく必要があります。

グロサリー部門のドライなどは軽減税率、でも日用品や酒は10%の標準税率です。お弁当や総菜は店内で食べると10%です。 では、カップラーメンやポテチなどの加工食品を店内で食べた場合は??

答えは、、

そうですね、もうご存知ですね。

そのためには知って備えておきましょう。そういう知識を持っている営業(ラウンダー)担当者とそうでない担当者では信頼のされ方が断然変わってきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする